Skip to content

cocos2d-x build_native.shを叩いたら「exception handling disabled, use -fexceptions to enable」が出る

2012年12月19日

SQLiteのラッパー(KompexSQLite)を入れてみて、さてとアンドロイドビルドするかと思ったら、
「exception handling disabled, use -fexceptions to enable」

とか言ってビルドが失敗する。
読んでみると、例外が使えないから「-fexceptions」をなんかしなさい〜と言っている模様。

調べていると、以下ページが参考になりました。
http://tueda.wikkii.com/wiki/Android%E3%83%97%E3%83%AD%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%9F%E3%83%B3%E3%82%B0-NDK-%E4%BE%8B%E5%A4%96%E3%81%A8STL

どうやら、C++の例外を有効にするには、Android.mkに以下を追加する必要があるみたい。

LOCAL_CPPFLAGS := -fexceptions -frtti

これで問題なく通りました!

広告

From → cocos2d, cocos2d-x

コメントする

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。