Skip to content

cocos2d-xで多言語対応をする

2012年12月13日

多言語対応。cocos2d-xでは確か公式サポートはしていません。

しかし、どこからの頭の良い人が作ってくれていました。
CCLocalizedString
http://www.cocos2d-x.org/boards/18/topics/14981

それぞれのローカライズファイルを用意して、キーで取り出すという作り。作りはとってもわかりやすいです。

使い方も簡単で、
CCLocalizedString(“HELLO”, “HELLO”)

とするだけで、該当するキーのconst* charが帰って来ます。左がキー、右がコメントみたいです。(右の値はクラス内ではどこにも活用されていなかったので、ほんと、わかりやすいコメント程度でいいみたい)

今のメジャーバージョンでは、

CCApplication::sharedApplication()->getCurrentLanguage();

をした場合、日本語が帰ってこないけど、今の2.1ベータには含まれているので、そのへん見ながら修正をすれば問題なくjaを返すことはできる。

広告

From → cocos2d, cocos2d-x

コメントする

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。